暖かくして眠る事を心掛けながら妊娠しやすい食べ物

最近は結婚しても中々妊娠できない人が居ます。
それは排卵日に夫がある事をしないせいじゃないのか?と思うかもしれませんが、それは間違いです。
妊娠しないのは、どうやら習慣や食べ物にあるのかもしれません。
なのでこれから順を追って紹介したいと思います。

女性は男性よりも冷えやすい体質です。
冷えやすい体質と自分で自覚しているにも関わらずにミカンを食べたり窓を開けて就寝したりすることでしょう。
ですが子供を産みたければ窓を開けないで就寝しないといけません。
もし窓を開けたければ布団の上に毛布を掛けて暖かくして眠る事を心掛けなければいけないのです。

続いてミカンですが冬に食べる代名詞とも言える食べ物になります。
ミカンは南方原産でカリウムが多く含まれて冷えに拍車が掛かってしまうので妊娠の方はなるべく食べるのを控えて下さい。

逆に子供が早く産める食べ物があります。
今度は体を温めてくれる食べ物を紹介しますね。

トウガラシ

一見辛くて食べられないかもしれませんがカプサイシンが大量に入っているので、まさに打ってつけの食べ物と言えます。
辛い人が苦手な人は料理にまぶして食べると良いです。
毎日食べると尚の事良いかもしれません。

肉類

肉はタンパク質が豊富に含まれているのです。
そればかりではありません。
他にも色々な栄養源が詰まっていますので体の隅から隅までサポートしてくれます。
だからと言って早食いはいけません。
早食いをすると喉に詰まるだけではなく腸に上手く行き届かない可能性があります。
そればかりがお腹の子が流産してしまうことだってあり得るのです。

よってゆっくり噛んで飲み込むことが大事なんですよ。
どれだけ仕事が忙しくて急いでいたとしても決して早く食べようとは思わずに最低でも20回は噛んで下さいね。

つまりトウガラシ+肉を沢山食べると妊娠を促してくれることでしょうね。
他にも体に良い食べ物は沢山あるかもしれません。
ですが今回はすぐにでも食べられるものだけを選別して紹介しました。
是非参考にして下さい。

後ストレスも溜めてはいけません。
仕事をしていると何かしらのストレスはあるかと思います。
では何故溜めてはいけないかを最後になりましたが説明しましょう。
それは生殖機能が衰えてしまい周産期心筋症になってしまうのです。
生殖機能が衰えてしまってもお腹の子は流産しますから気を付けて下さい。

まとめですが、なるべく冷えを抑えるようにしてストレスは溜めずに体をサポートしてくれるものをよく噛みながら食べて立派な子を産むようにしましょう。